起業・創業・開業支援の専門家 ベンチャー創業支援塾

ベンチャー創業支援塾
TEL: 0276-20-5882

サイトマップ   会社概要

  
人材育成

人材育成

人材育成■思ったように人が成長しない
■社員のモチベーションが上がってこない
■前向きに仕事をやろうとしない
■言われた事しかしない
■会議などで活発な意見が出てこない



人材育成 3つのポイント

Point1 採用は人材の質を見極める

 人材育成をする際に、伸びる人材とそうではない人材では、どちらの人が育てやすいか?誰に聞いても「伸びる人材」と答えてくれます。多くの人が伸びる人材の方が 育成しやすい事を知っています。
 ところが、中小企業では人の採用の段階で、この伸びる人材の見極めが出来ていない場合も多いようです。あるいは、この伸びる人材を優秀な人材と思い込んで「うちには無理」と 決めつけている会社もあるようです。

伸びる人材とは
性格が明るくて、誠実で、働くことが好きな人のことを言います。この3つを備えていれば育ちます。出来るだけ、育ちやすい人を採用することが人材育成の1つのポイントです。


Point2 自分の専門分野スキルを持っている人を更に育てる

 人材育成をするときは、その人の強みを強化してあげる事が大切です。あの世界的に有名な経営コンサルタントのピータードラッカ―は、その著書「明日を支配するもの」の中で 強みの重要性について以下のように言っています。

~「わずか数十年前までは、ほとんどの人にとって自らの強みを知っても意味がなかった。生まれながらにして、仕事も職業も決まっていた。(中略)ところが、今日では、選択の自由がある。 したがって、自らが属するところがどこであるかを知るために、自らの強みを知ることが必要になっている。」~

たくさんの専門性が集まった集団は本当に強い会社になれますし、これからの時代は、そういった会社でないと生き残れないかもしれません。各個人の強みを見つけ出し、育てていってください。


Point3 スキルを向上させる熱意を持っている

日本が生んだ代表的な経営者の1人、松下幸之介氏が熱意の重要性について次のように言っています。

~「仕事をする、経営をする時に何が一番大事かと言えば、その仕事をすすめる人、その経営者の熱意やね。溢れるような情熱・熱意。そういうものをまず、その人が持っておるかどうかと言うことや」~

~「何としても二階に上がりたい、どうしても二階に上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段を作り上げる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からはハシゴは生まれない。」~

熱意を持って仕事をする集団が、その企業を永遠に発展させていきます。全社員の熱意を引き出してください。


 資金調達・資金繰り  経営戦略  組織作り



無料相談は TEL:0276-20-5882